エクアドル出身の生徒

今の語学学校のクラスには、ブラジル、コロンビア、エクアドル、ベネズエラなど、南米出身の生徒が多くて、今まで接したことのない国の人もいる。

 

エクアドルの子とか、先生にテキストを買うように言われ、それが£30(4500円くらい)もするので、「先生・・・エクアドルは貧しくて・・・、テキスト買えません・・・。」と答えて、「ここに来る航空チケットはどうした?ここでの滞在費はどうした?」といなされている。

 

授業に飽きると、1授業90分につき、「Break(休憩)!」と3回ぐらいヤジを飛ばしている。

 

今の語学学校でも、もっと驚きたいものだ。

f:id:arubekiaji:20170929184325j:plain

 

タイトルとURLをコピーしました