山の上で生まれたスイス人の恋

スイス人の友達は化粧っ気がなく、いつもマラソンしたり、山に登ったりしているタイプの子。山に登るっていっても、岩場ものぼるような本格的なやつを。

  

ゲルマン系の恋愛について質問しても、答えるのはたいてい他の子だたったし、彼女にタイプをきいても、なんで私にきくの?って反応だったから、てっきり男性に興味がないのだと思っていた。

 

だから、今付き合って半年の彼がいるときいて、よかったねという気持ちやほっとした気持ちが8割、ちょっとさびしいという気持ちが2割(笑)

 

出会いは山の上で。生物学者の彼のことを最初に見たときから好きで、いつも彼に偶然会うことを願いながら、3時間とか彷徨っていたという。それでも滅多に会わなかった。

 

そして3年が経ち、彼も実は最初から好きだったことが発覚!

お互い気持ちを隠していたので、相手の気持ちにずっと自信がもてなかったようだけれども、共通の知り合いはこうなることを予言していたという。

 

 彼女の両親も 山の上で出会ったそう。寒いのに防寒用の帽子を忘れたお母さんに、お父さんが貸してあげたのがはじまりだとか。

f:id:arubekiaji:20170907005837j:plain

なんか素敵な偶然。

タイトルとURLをコピーしました