【レシピ】6時間低温調理した新玉ねぎの冷製ポタージュ

日本

外出自粛中にテレビをつけたら、「有吉くんの正直さんぽ」『放送200回記念!おさんぽサミット2020!』がやっていた。

そこでは東京ウォーカー編集長が、世田谷区のイタリアン『OTTO』の「玉ねぎのポタージュ」を推していた。

なんでも、玉ねぎを皮を剥かずに丸ごと低温で6~8時間オーブンで調理し、中身をくり抜いて生クリームをあわせ、バターと塩で味付け。最後にオリーブオイルを垂らして仕上げるらしい。

真っ白なポタージュが美味しそうだったので、ざっくりとした作り方をメモしておいた。

ネットでさらなる詳しい作り方が見つからなかったので、新玉ねぎを使って自己流にアレンジしてつくってみた。

『新たまねぎの冷製ポタージュ』のつくりかた

【材料】3人×2回=6食分(美味しくて2回は飲みたくなるはず)

・大きめ新玉ねぎ(直径10cm程度)3個 ※もっと小さなものならば個数を増やして

・牛乳 200ml

・バター25g

・塩 ひとつまみ

・オリーブオイル 適量

(1)新たまねぎを低温調理

オーブンシートを敷いた天板に玉ねぎ3個(画像ではついでにプラス2個調理)を置き、100℃で6時間加熱する。

※ネット検索では120℃という情報もあったので、その温度でもOK

※新たまねぎは通常のひねの玉ねぎより甘いので、もっと短時間でもよさそう。オーブン焼きなら、200℃で30分とか40分でも十分甘いので。

(2)牛乳とバターを加熱

鍋に牛乳200ccとバター45gを入れて、ふつふつしてきたら止める。

※生クリームは泡立てない場合、牛乳とバターで代用可能と、先日『近江洋菓子店』がツイートし、バズった。牛乳 大さじ1、バター 小さじ1の割合が推奨されている。つまり、牛乳3:バター1の割合のわけだが、今回のように牛乳4:バター1以下でも十分だった。

(3)器をつくる

玉ねぎをキッチンばさみで上部を切っていく。

中身をスプーンでくり抜いて、(2)の鍋に入れる。

(4)撹拌(かくはん)

(3)に塩ひとつまみを加え、ハンドミキサーで撹拌する。玉ねぎの塊が無くなるまで。

温製でもいいけれど、冷やすと甘みが際立つ。なべ底に氷水を当てて粗熱を取るなどし、冷蔵庫で冷やす。

(5)もりつけ

玉ねぎの器にポタージュを注ぎ、オリーブオイルをかけてできあがり。

きっと新玉ねぎの甘みに驚くはず!

コメント

タイトルとURLをコピーしました